江田歯科治療方針

1.体に優しい治療を大切にします。bar

患者様ご自身の歯は、何ものにも勝る大切なものです。

最近は、インプラントをはじめ失った歯を回復する治療技術や歯科素材の進歩はすばらしいものがありますが、何より大切なことは、ご自身の歯を失わないようにすることです。

歯を失う2大要因は、むし歯、歯周病ですが、これはいわば生活習慣病でかなりの部分予防できるものです。
従って、当院では、まずそれらの病因をご説明し、そしてそれを予防するにはどうしたらよいかをご理解・実践していただきます。
治療終了後は、3DSというプロフェッショナル・クリーニングとむし歯、歯周病予防処置を兼ねた定期的なメンテナンスを行っています。
これをうけていただくことで歯の寿命は確実に長くなります。

また歯科治療に際しても、将来歯の負担とならないような治療をこころがけ、できるだけ歯の寿命を長く保てるような治療方針の下で治療をすすめます。

・最小限の侵襲

むし歯の治療や歯根の治療では、なるべく歯を削る量を少なくし、将来の歯の破折やむし歯の再発が起こりにくいよう心がけます。

・最小限の痛み

歯を削る場合には、注射前の塗布麻酔と極力痛みのないように極細の注射針を使用し、極力痛みのない治療を心がけます。

・必要最小限の抜歯

抜歯した場合は、補綴する(なくなった歯を回復すること)ことになりますが、インプラント以外はどうしても残っている歯にある程度の負担を強いることになります。

従って、将来的には抜歯が予想される歯であっても、当面噛める限りはなるべく抜歯せず生かして機能させます。

 ・最小限のX線量

レントゲン撮影は、すべてデジタル化し、患者様の被ばく量は劇的に減少しています。 

  tel_01tel_02tel_03

   

2.最新の治療技術を提供します。bar 

インプラントや歯周病治療法など最新の治療法を導入し、患者様に提供できるよう心がけています。

新しく開発された治療機器なども本質的に必要なものは積極的に取り入れるようにして、最新の治療環境を提供できるよう心がけています。

3.患者様に合った最適の治療を提案します。bar 

歯を失った場合、その失った歯を回復する治療―補綴治療―では様々な治療法があり素材もいろいろあります。
しかし、お口の状態は年とともに変化してゆくため、現状では残念ながら人工的に修復した歯はすべてが永遠にもつ訳ではありません。
最高の技術、最新の材料を用いた治療法でも適応症があります。

そのために、どのような修復方法がその時点で最適かは、患者様の現在のお口の健康状態とご年齢、仕事環境そして患者様ご本人の価値観などを考慮して、長期的視野のもとで決めなければなりません。

当院では、患者様が納得して選択できるように、患者様のライフスタイルや価値観を考慮して専門的な立場からの助言・説明を丁寧にするよう心がけています。

4.3DS予防法を行っています。bar

3DSは、dental drug delivery systemの略で、科学的根拠に基づいたむし歯、歯周病の予防法です。

この方法は、まず歯面を専門の器具を用いてクリーニング(PMTC-Professional  Mechanical  Tooth Cleaning)を行います。
この時点で歯のヨゴレはすべてきれいになります。
しかし、歯表面に付着した細菌は残っています。

次に歯面に残る細菌を除菌するため、患者様専用の個人トレー(マウスピースのようなもので、あらかじめ歯型から作成しておく)に薬剤を塗布し5分間装着します。

最後に歯面の抵抗性を高めるため、フッ素を塗布します。

この方法は、1回で永遠にすべての原因菌が殺菌できるというものではありません。細菌数は劇的に減少しますが、経時的に増殖しますので、むし歯や歯周病の定期検診、歯のクリーニングを含めて、3か月ごとに実施していきます。

yobousika tel_01tel_02tel_03